忙しい日常のなかで、張りつめた神経を緩める行為はとても大切です。このリラックスするという行為の一つに、お香を焚く人も増えています。お香は仏事に使用するだけではなく、お部屋の芳香やお客様へのおもてなしの香りとしても使うことができます。

贈答用や進物用の線香

人が亡くなったという知らせは本当に辛く哀しいものです。しかし、もしもそのような連絡を受けたなら線香を送ってみてはどうでしょうか。きっと、遺族にお悔やみの気持ちを伝える事ができるでしょう。

贈答用や進物用の線香というのがあり家庭で使うものとはちょっと違います。伽羅などの高級な線香は上品な香りの物が多く、パッケージなども日常的に使う物とは違います。

そして、贈答用や進物線香は包装の仕方も気をつけないといけません。熨斗についても間違ってしまうと失礼になる事もあるので注意しないといけません。

贈答用や進物線香などの贈り物をする時には相手の気持ちを考えたいですね。

ページトップへ戻る