忙しい日常のなかで、張りつめた神経を緩める行為はとても大切です。このリラックスするという行為の一つに、お香を焚く人も増えています。お香は仏事に使用するだけではなく、お部屋の芳香やお客様へのおもてなしの香りとしても使うことができます。

お線香と火の始末

火の不始末は、火が燃え広がり火事へと発展してしまう事もあります。そのため、ライターやマッチ、お線香など室内で火を使う事が多い場合は、火の扱いには十分に気をつけないといけません。

お線香は最初使う時だけではなく、消し忘れや灰が周りに飛び散ったりしていないかも注意したい所ですね。

また、お線香の使用中も目を離さないようにしましょう。そして、できるだけ片付いた部屋で使う様にするといいでしょう。

火の扱いは基本的な事をしっかりと行っておくと守ると安全に利用する事ができます。

ページトップへ戻る