忙しい日常のなかで、張りつめた神経を緩める行為はとても大切です。このリラックスするという行為の一つに、お香を焚く人も増えています。お香は仏事に使用するだけではなく、お部屋の芳香やお客様へのおもてなしの香りとしても使うことができます。

お香のネーミング

ちょっとしたグッズや小物をあつかっているセレクトショップに行くと、アロマテラピーのコーナーがしつらえてあって、お香や香りのグッズが売られています。

近くにいるだけでいいにおいがするので、知らず知らず近づいてしまう人もいそうです。

最近のお香はお線香の短いような形のものが使いやすく、火の心配もなくて人気です。香りにたくさんの種類があり、カタカナのネーミングが多い中で、伽羅のような漢字や和風な表現の商品名が目に付きます。

使うのは若い女性が多いので、こうした世代に昔風のネーミングはかえって受けるのかもしれませんね。このようなお香のネーミングはこれからも増えていきそうです。

慌ただしい生活で使用するお香

毎日の生活が慌ただしくなるとつい気持ちにゆとりがなくなってしまう事もあると思われます。疲れが蓄積する事もあると思われます。慌ただしい生活を送っているという人は、お香を利用してみてはどうでしょうか。

お香は火を使用するので放置する事はできませんが、他の事をしながら利用できる事もあると思います。お香の香りがあるというだけで、心地よくゆとりを取り戻せる事もあるでしょう。

しっかりと休んだつもりでもなかなか疲れが取れない時もあると思いますが、お香を使う事によって、リラックス効果はより一層高くなるのではないかと思います。使いやすいというのもお香の便利な点と言えるのではないでしょうか。

大学と官公庁

大学と官公庁についてご案内します

ページトップへ戻る